転売初心者必見!トレカ転売を始めるのに必要な3つの知識!

こんにちは!トレカ転売でお小遣いを100万円増やしたポケスロです。

今回は、トレカ転売の第1歩を踏み出す重要な知識をお伝えしようと思います。

この記事さえ読めば、トレカ転売の醍醐味がわかるので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

トレカ転売を始めるために必要な知識とは

この記事をご覧になっている方は、転売に興味があるトレカを高く売りたいトレカ転売って何か興味があるお小遣いを増やしたい、といった要望があると思います。

私のブログは「トレカ転売を通じて毎月1万円~3万円のお小遣いを増やすこと」のをテーマに情報発信しています。

トレカ転売は、最初にどういうカードが売れるのか、の基本を押さえれば、後は色々な方法でお小遣いを増やすことができます。

今回の記事では、初めてトレカ転売を行ってみようという人に対して、なるべくわかりやすくどのカードを覚えればいいか、という知識を伝えていこうと思います。

それでは、さっそく本編にまいりましょう!!

まずは、どのトレカを扱うのかを決める

一言にトレーディングカードと言っても、知識がない人は、どれが何のカードだか、わからないと思います。

しかし、下記の単語なら、どうでしょうか。

●ポケットモンスター

●ドラゴンボール

●遊戯王

どうですか。

名前くらいは聞いたことがあるでしょうし、ピカチュウや悟空等はもはや世界的に有名なキャラクターですよね。

そして、その人気キャラクターはトレーディングカード界でも人気なのです。

当ブログでは、人気、知名度を踏まえて、初心者には「ポケモンカード」からトレカ転売を始めることを推奨いたします。

売れ筋トレカの種類とその人気カードについて

現在、トレーディングカードで人気なものは、

●デュエルマスターズ(デュエマ)

●遊戯王

●ポケモンカードゲーム(ポケカ)

の3つがあげられます。

また、アーケードゲームでは、ドラゴンボールヒーローズというカード排出型のゲームが人気です。

下記から具体的な買取例を見ていってみましょう。

引用元:トレトク

まずはデュエマからです。買取が高いカードもありますが・・とにかく名前に馴染みがないですね・・。

小学生に人気のTCGなのですが、一般の人からしたらなんのカードがわからないのが問題です。

引用元:トレトク

続いては遊戯王です。

ブラックマジシャンガールや青眼の白龍(通称ブルーアイズ)など、もしからしたら聞いたことがあるかもしれません。しかし、有名なカードは値段もそれなりにしますし、安売りされることは少ないです。

引用元:トレトク

最後にポケモンカードです。ピカチュウ、リザードンと一般の人にも馴染みがある名前があがっています。

これは、私が働いている会社で聞いた実例なのですが、ブルーアイズは知らなくてもピカチュウとリザードンは知っている、という人がほとんどでした。

全く馴染みのないものを取り扱うよりも、少しでも知っているものから始めるほうが、知識の吸収は早いです。

次からは、ポケモンカードを仕入れる際の最低限のポイントお教えします。

ポケモンカードを探すときの3つのポイント

単刀直入に述べましょう!

初心者がポケモンカードを探すときは下記の3つを行うだけでよいです。

①リザードンのカードを探す

②ピカチュウのプロモカードを探す

③旧裏面カードを探す

厳密に言えば売れるカードを上げたら1000種類を超えてしまうのですが、それをいきなり覚えろというのは無理な話です。

逆に今から伝えるやり方は短時間で行えて、高利益が狙える方法なので、初心者向けと言っても十分なお小遣い稼ぎができます!

それでは、順番に説明をしていきましょう。

①リザードンを探す

ポケモンで一番知名度のあるのは、まぎれもなくピカチュウです。

しかし、世界的に人気のあるポケモンは、実はリザードンだったりするのです。

リザードンのレアカードはポケモンカード界の中では、「共通通貨」の認識があります。

いうなれば、実世界の金のようなものですね。

特に人気なのは、約20年前に出た初期生産分のリザードンです。

引用:メルカリ「検索ワード:リザードン かいりき」

メルカリでリザードンのカードの価格を見るとなんと11万円超えの取引も・・。

価格に差があるのは状態やエラーカードか否かの違いでなのですが、今の段階では、リザードンは高く売れる可能性がある、ということだけ理解できればOKです。

ちなみに状態とは、カードの周りに白かけ(印刷が剥げて白くなってること)、エラーカードというのは、リザードンは通常「かえんポケモン」と表記されるべきところが初版版のみ「かいりきポケモン」になっているので希少価値があがっていることをさしています。

ここで理解していただきたいのは、リザードンのカードがあれば高くなる可能性がある、ということです。

②ピカチュウのプロモカードを探す

つづいてはピカチュウのカードの説明です。

ピカチュウはポケットモンスターで一番有名なキャラクターのため、種類が莫大にあります。

そのため、高いカード、安いカードが混在しているため、どのカードが狙い目なのかパッと見ではわかりづらいです。

そこで、注目してほしい部分が下記の画像の赤丸の部分です。

PROMOと書かれているのですが、この記号はプロモーションカードと呼ばれ、基本的に非売品、あるいは限定商品のカードなのです。

※注意:PUROMOと書かれているのは4年ほど前からでそれより過去のものはXY-PやBW-Pなど、2文字の記号ーPと書かれているのがプロモカードを意味しています。

ピカチュウは人気があるため、商品の特典に使われることが多いのですが、プロモカードは再販されることが少ないため、意外に高値で取引されるカードがあります。

引用:メルカリ、検索ワード「アニバーサリー ピカチュウ」

上記の画像の20周年プロモピカチュウは、大会の会場に行くだけで誰でもらえたカードなのですが、時が経つごとにどんどん高値になっていき、今では2万円を超える商品になっています。

ここで覚えて欲しいポイントは、無料配布が故に、意外にブックオフなどで格安値段で売られていることがある、ということです。

③旧裏面カードを探す

最後に紹介するのは、旧裏面カード(通称旧裏)です。

ポケモンカードは過去に一度だけ、背景のイラストを変えたことがあります。

そのため、裏面の種類が2種類あるのですが、旧裏はその希少性から何気ないカードでも高値になる場合があります。

左側が旧裏のポケモンカード、右側が現在のポケモンカードの背景です。

ここで覚えておいて欲しいのは、旧裏の光っているカードは高くなる可能性がある、ということです。

まとめ

今回は転売初心者、トレカ転売初心者の方向けに記事を書いていきました。

まとめますと、

●ポケモンカードは高くなるカードがわかりやすい(=法則性がつかみやすい)

●見るべきカードは3つある。

●3つとは①リザードン、②ピカチュウ(プロモ)、③旧裏(光っているもの)

まずは、上記3つの知識を使って、トレカの値段を調べてみてください。

具体的には、メルカリやヤフオクでこのカード、どれくらいかなぁ、と調べればすぐに値段が出てきますよ。

トレカ転売は売れるカードが何かさえ覚えてしまえば、一生使える知識として財産になります。ブックオフなど中古品を扱うお店に行った際にはぜひリザードンのカード探してみてくださいね。

ご意見ご感想、質問も受け付けておりますので、どんどんコメント書き込んでくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です